病気の治療は頼れる病院に|腰部のミカタ郡山青藍病院

先生

循環器の疾患は早期治療を

病院

高血圧なども放置せずに

ひとくちに内科といっても、城東区にはいろいろな内科の病院があります。胃や腸に不調を感じたら消化器内科、咳が長引くときは呼吸器内科というように、症状に合わせて専門性の高い病院を受診すればより的確な診断が得られます。最近、城東区でも患者数の増えているのが循環器内科です。循環器内科では血管や心臓に関する症状を診てもらうことができます。循環器系の病気は、はじめは高血圧や高脂血症などのよくある症状であっても、生活習慣を改善しないままでいるとしだいに深刻化していき、狭心症や心筋梗塞といった命に関わる状態へと進んでいきます。普段から飲酒や喫煙、塩分の過剰摂取などの自覚のある人は、一度城東区の循環器内科で診察を受けておくことをおすすめします。

医師の指導を受けて改善

日本人はもともと塩分による高血圧の傾向の強い民族ではありますが、戦後は食生活が一気に欧米に近づいたこともあって脂肪の摂取も多くなり、結果として心臓や血管に病気を持つ人が増え続ける事態となっています。城東区の循環器内科でも、中高年に限らず最近は比較的若い世代であっても血管などに問題を抱えて来院する患者がみられるようになっています。塩分・糖分・脂肪分などの摂取量を減らすには、自分自身の意志だけではなかなか行動が続かないことが多いものです。城東区の循環器内科では、食生活をはじめとする生活習慣全般に関して、医師やスタッフが適切な指導やアドバイスをしてくれます。城東区の循環器内科で定期健診を受けていれば、将来生活習慣病を発症するリスクを大幅に減らすことができます。